恐れ知らずのロシア人が活火山に登り、溶岩の上でソーセージを焼く!

ラエル氏のコメント:
Yes ! 溶岩の上でソーセージを調理する。それが恐怖との付き合い方です!

ロシアの大胆なハイカーたちが、極東のカムチャッカ地方にある活火山を登り、話題になっています。 火山の縁に沿って登山し、火口の中を見学した後、冷えた溶岩の上でソーセージを焼きました。

ツアーグループは、ユーラシア大陸で最も高い活火山で、カムチャッカ・ユネスコ世界遺産の一部であるクリュチェフスカヤ山に登りました。 地元では聖地とされているクリュチェフスカヤ山は、ほぼ毎年噴火しています。

登山グループのメンバーであるアレクサンドラ・ゴニアエバさんによると、溶岩が冷却期間に入っているタイミングを狙い、火山を歩いて登りましたが、まだ赤く熱していたところもあったようです。 前日の夜には、火口の縁に上がり、火口内部を直接眺めたりもしました。

続きを読む

動画

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …