ラエル氏のコメント:
奉仕して守るべき国民と戦うよう、腐敗した政治家たちから強いられている世界中のすべての警官たちは辞職すべきです!

アメリカでは、警察官を志願する人が減り、記録的な数の警察官が早期退職を求めたり辞職しているため、警察官の数を維持することができなくなっているという新しい報告書が発表されました。 アメリカでは警察官の採用が危機に瀕していますが、これはが驚くべきことではなく、私たちがそれを捉えれば大きなチャンスとなります。

ここ数年、警察の説明責任を求める声は大きくなってきていましたが、ジョージ・フロイドの殺害事件に端を発したこの運動は、全米各地で歴史的な改革につながる火薬庫となりました。 彼らの行動に責任をもってもらおうという動きの結果、警官たちは動揺し、記録的な数の警官が退職しているのです。

ニューヨーク市から発表されたレポートによると、2020年にニューヨーク市警の制服警官5,300人以上が退職済み、もしくは退職届を出しており、前年から75%も急増しているとのことです。

シアトル警察が配置現場を離脱する様子を捉えた動画

続きを読む

元記事はこちら