批判されることなく自分らしさを貫く

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
この人のようになることを選ぼうと、それはあなたの自由であり、誰もあなたを判断する権利はありません。 どちらか一方が優れているわけではありません。 ただ、選択肢が違うだけです 大切なのは自分の幸せであり、何を選ぶにしても、政治的に正しいモデルに合わせることなく、自由に選ぶことです。

@TacticalCat のコメント
数日前、アメリカ人モデルのケンダル・ジェンナーが水着姿で写った写真がインターネット上で話題になり、多くの人にとって女性の完璧な身体を披露しました。 ここに写っているのは、史上最年少でNASAのすべての航空宇宙試験に合格し、人類初の火星旅行を目指している19歳の宇宙飛行士、アリッサ・カーソンさんの写真です。

どちらが世界的に人気があり、賞賛されているかを推し量るのは難しいことではありませんが、この状況は、社会が美に対する誇張されたステレオタイプに過度な価値を置いていることを示しています。 多くの女性が、歴史的に男性が支配してきた地位や業界に属するため日々奮闘している一方で、社会は表面的なもの、美的なもの、売れるものを評価し続けています。 女性は美的に完璧であることを運命づけられているわけではありません。

他人のコンプレックスを犠牲にして商品を売るような、プラスチック製のアイドルを生み出すのはやめましょう。 数百万ドル規模の化粧品業界やソーシャル・メディアに踊らされている人々に受け入れてもらうには、人生はあまりにも短いです。

元記事はこちら

you might also like

コロナ・ワクチンにノー

ラエル氏の見解: 私はきっぱりとコロナ・ワクチンに …

米軍、シリアの占領ガス田付近で「間接的な」ロケット攻撃を受ける

ラエル氏のコメント: アメリカによるもう一つの不法 …

神への信仰を信じていない彼ら

ラエル氏のコメント: 彼らの「全知全能の神」からの …

「また、何もしないことで不正を働くことも可能なのだ」

ラエル氏のコメント: パレスチナ人のために何もしな …