承諾年齢を”事実上”13歳に引き下げた政府が非難を受ける

ラエル氏のコメント:
キリスト教のタブーによって生み出された、性的関係に対する恐ろしいほどの罪悪感がなおもこのように残っています。 スコットランドの当局は良くやりました。

家庭の保護を訴える人々が、スコットランド政府の発行した新しいガイドラインに反発しています。このガイドラインは、13歳の未成年児童の性行為を助長する、あるいは少なくとも容認するもの、として地元メディアは日曜日に報じています。

この方針では、若者が「安全で相互に尊重し合う」関係にある場合、警察、教師、ソーシャルワーカーは「守秘義務」を守るべきだとしています。(つまり、父母には言わない) しかし、スコットランドの承諾年齢は16歳です。つまり、子どもの関係がどんなに安全で尊重されたものであっても、厳密には法律の範囲外である可能性があります。

家族保護を掲げる運動家やカトリック教会など、国家が家族の個人的な生活に干渉することを懸念する人々は、この新しいプロトコルを非難しており、団体の『Family Education Trust』は、この規則が「事実上」承諾年齢を13歳に引き下げるものであると断言しています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …