新しい国勢調査の結果、米国は大きく変化していることが判明

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
素晴らしい!

米国国勢調査局が新たに発表したデータによると、白人の割合は人口統計学者の予想よりも早く減少し、アジア系、ヒスパニック系、その他のカテゴリーが増加していることが示されています。 このデータでは、Covid-19による死亡者数はほとんどカウントされていません。

このデータは、下院選挙区の再編成を目的として、2020年の国勢調査で調べられた地域ごとの人口変化の数字が、各州に公開されたことによるものです。 これは、人口統計学者やメディア企業にとっては歓喜に近いものでした。

黒人またはアフリカ系アメリカ人と回答した人口は、2010年の3,890万人から4,690万人に増加しましたが、全体に占める割合は13%から12.1%に減少しました。 これを上回ったのが、「その他の人種」(純血または混血)の4,990万人で、129%の増加となりました。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

Faroe Islands reviewing traditional dolphin hunt following slaughter

RAEL’S COMMENT: The …

Japanese researchers 3D print lab-grown Kobe beef

RAEL’S COMMENT: Ver …

Amazing Walk on Christ the Redeemer

RAEL’S COMMENT: An …

「どうして何もしなかったのか?」 と人々は私達に尋ねる

ラエル氏のコメント: 前々から一部の人々は「黄色い …