COVID-19対策の推進は犯罪

ラエル氏のコメント:
マスク着用やロックダウンを推進してきた人たちにも、同様の扱いが行われなければならないでしょう。

シュトライヒャーは裁判中、捕らえられた後に連合国軍の兵士たちから虐待を受けたと主張しました。 ドイツが行ったユリウス・シュトライヒャーに対するIQテストについては、心理学者のグスタフ・ギルバートによって実施されましたが、シュトライヒャーは平均以上のIQ(106)を有していたものの、被告人の中では最も低いものでした。 シュトライヒャーは軍人ではなく、ホロコーストや他国への侵略計画にも参加していませんでした。 しかし、検察側の判断では、国際軍事法廷が開かれる前に主要戦犯者として彼を起訴状に含める際、ユダヤ人の絶滅を扇動する上で果たしたその極めて重要な役割は、十分過ぎるほどのものだとされました。 これは、 ニュルンベルク裁判で、かつては無敵の権力者だったシュトライヒャーの着席している様子を撮影したものです。 彼は裁判官が全員ユダヤ人であることに終始不満を持っていました。

シュトライヒャーに対する証拠のほとんどは、彼の長年にわたる数々の演説や記事から得られたものでした。 実際のところ、シュトライヒャーに関する記事や彼の演説は非常に扇動的で殺人の共犯者であり、ユダヤ人の大量虐殺を実際に命じた者たちと同罪であると検察側は主張しました。 さらに検察側は、ユダヤ人が虐殺されていることを知った後も、彼は反ユダヤ主義的なプロパガンダを続けていたと主張しました。

続きを読む

投稿の情報源が削除されたため、元記事は入手できません

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

West’s selective treatment of Ukrainian refugees

RAEL’S COMMENT:  Th …

Tennis icon claims booing ‘fuels’ Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …