新型コロナの変異体拡散を食い止めるため、ホテルに人々を押し込むのは、今や被害妄想が英国の政策を支配していることを示している

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
イギリスだけではありません! 全世界が被害妄想にひどく支配されています! その兆候としてあるものは、マスク、その着用を拒否する人への敵意、ロックダウンなどです…。

英国に到着した人をホテルで隔離検疫するよう主張することは、旅行業界への打撃となるであろうことを我々は知っています。 しかし、ボリス・ジョンソン首相は、パンデミックの一年だったにもかかわらず、計画推進に取り掛かるつもりでおり、制限はこれまで以上に厳しくなります。

英国政府は、英国に到着するすべての人を検疫所に指定しているホテルに強制隔離するかどうかを審議していますが、それは見覚えがあるように感じられます…というのも、この問題は以前からあったことですし、ボリス・ジョンソン首相はその際、大失態を犯しているからです。

そういうわけで、私たちは再び同じ問題に直面しており、初めて検疫が実施され警報が耳に鳴り響いた昨年と同様の緊迫した状況に置かれています。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

Divorce invitation

RAEL’S COMMENT: Mag …

コロナウイルスから回復した著名人たち

ラエル氏のコメント: 恐怖心を存続させたいがために …

イスラエル政権から奪われたパレスチナ人の家

ラエル氏のコメント: パレスチナのイスラム教徒やキ …

批判されることなく自分らしさを貫く

ラエル氏のコメント: この人のようになることを選ぼ …