ラエル氏のコメント:
早く食べてみたいですね!

日本の研究者は最近、和牛から分離した幹細胞を用いて、伝統的な神戸ステーキに似た筋肉、脂肪、血管が配置された代用肉(つまり、小さな「ステーキ」)を3Dプリントすることに成功しました。 つまり、3Dプリントと細胞培養によって、あらゆる種類の高品質な肉を、持続可能な方法で得ることが可能なことが示されたということです。

和牛は、文字通り「日本の牛」と訳すことができ、「サシ」と呼ばれる筋肉内の脂肪を多く含むことで世界的に有名です。 この斑(まだら)が牛肉の豊かな風味と独特の食感を生み出しているのです。 しかし、現在の牛の飼育方法は、温室効果ガスの排出に大きく寄与しているため、持続可能ではないと考えられています。

現在、販売されている「培養肉」の代替品は、ほとんどが組織化されていない筋繊維細胞で構成されており、本物のビーフステーキの複雑な構造の再現には至っていません。 今回の研究は大阪大学の研究者たちによって行われたもので、成果はNature Communications誌にて発表されています。

続きを読む

元記事はこちら