旧植民地がフランス軍に退去を命令

Photo credit: MICHELE CATTANI
ラエル氏のコメント:
朗報!

ブルキナファソは、西アフリカの領土に駐留するフランス軍の撤退を要求した、と地元メディアが土曜日に政府の決定を引用して報じました。 パリと旧植民地との関係は、ここ数カ月間、悪化の一途をたどっており、地元住民は治安問題をフランスのせいだと非難しています。

ブルキナビア情報局(AIB)は水曜日、ブルキナファソ政府が2018年に締結したフランスとの協定を停止し、同国への軍人の派遣を規制したと報じました。 パリは今後1ヶ月以内に兵士を撤去しなければならないということです。

フランスは現在、アフリカの国に400人の軍隊を駐留させており、地域のイスラム教テログループと戦う努力の一環としています。

金曜日には、首都ワガドゥグで数百人の人々が外国軍の駐留に抗議し、反フランスのスローガンを唱えました。 このデモや同様のデモは、フランス軍が北部で活動するジハード主義者から市民を守ることができない、という民衆の認識によって引き起こされています。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

コロナ警戒情報

ラエル氏のコメント: そして、80億人以上の人々も …

ジョン・ケリー氏がダボス会議で「宇宙人」に言及したスピーチを行って論議を呼ぶ

ラエル氏のコメント: 億万長者のイーロン・マスク氏 …

中国が驚くべき人口数を明らかに

ラエル氏のコメント: 朗報です!

グレタ・トゥーンベリがドイツで逮捕される

ラエル氏のコメント: よくもまあ (笑)