昆虫を食べることは新たな常識であるべき

ラエル氏のコメント:
反対してはいけないのは、カタツムリを珍味と考えるフランス人くらいでしょうか…。

新聞社が再び食用昆虫の消費を促進し、ネット上の反発を招いています。
米国の著名な新聞社は、牛肉、豚肉、鶏肉から食用昆虫に移行することは環境にも良いとして、米国人が主要な食料源として昆虫に頼ることを再び呼びかけました。 家畜を使った肉の代わりに昆虫を食べれば「環境フットプリントが軽くなる」と、ワシントン・ポストが日曜日に掲載した記事で述べているものです。 また、養殖の昆虫の方が効率的にタンパク質を摂取できると同紙は主張しています。 例えば、コオロギは牛に比べて飼料を食用に変える効率が12倍も高いということです。

今回の日曜日の記事は、アメリカ人や欧米の消費者に昆虫食を売り込もうとするポスト紙や他のメディアによる長い取り組みの中で、最新のものとなっています。 Googleで検索してみると、ワシントンポスト紙は少なくとも2013年からこの話題を繰り返し取り上げ、「なぜ昆虫は人間の食物連鎖の中でより大きな役割を担わなければならないのか?」「昆虫を食べれる理由、食べるべき理由、そしておそらく食べることになる理由」といったタイトルの記事を掲載していることが分かります。 2019年の記事には、タイトルとして『地球を救うために昆虫を食べますか?』という問いかけがありました。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

Meta to restore Trump’s accounts

RAEL’S COMMENT: The …

Ecology in Norway

RAEL’S COMMENT: Mor …

コロナ警戒情報

ラエル氏のコメント: そして、80億人以上の人々も …

旧植民地がフランス軍に退去を命令

ラエル氏のコメント: 朗報!