映画『MOTHER – Caring for 7 Billion』

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
必見です!

世界10カ国で放送され、26の映画祭で3つの賞に選ばれた『マザー』は、母親であり活動家でもある一人の母親と、人口過剰が世界中の人々と生態系に与える影響を理解するための旅の物語です。 根本的には希望の映画であり、より良い世界を作ろうとする人間の精神の強さを示しています。 過去200年で人類が7倍に増えたとはいえ、人口はタブーの対象であり続けています。 会話を沈黙させることで、社会は行き過ぎてしまったのでしょうか? 『Mother: Caring for 7 Billion』(70億人の世話をするマザー)は、正しい質問を投げかけ、論争を避けてはいない画期的な映画です。 70億人の世界で生きるとはどういうことなのか、数を増やしていくことが自分たちの未来だけでなく、この地球上での生活にどのような影響を与えているのかを暴露しています。 映画の中で、私たちはベスとジネットに出会います。 どちらも非常に大家族の出身です。 ベスは12人で構成されるカトリック系アメリカ人の大家族の出身で、ジネットは14人で構成される大家族出身の若いエチオピア人女性です。 彼女たちは出会い、若くして結婚することを拒み、学校に通うことで千年の文化の壁から脱却しようとするジネットの勇気によって、ベスは変容していきます。 『マザー』は、世界的に有名な専門家をフューチャーしてこの問題を探求し、人口増加が男女の公平、宗教、性と生殖に関する健康とその権利、経済的不平等、環境、などとどのように交差するかを取り上げ、賞を受賞した映画です。 根本的には希望の映画であり、より良い世界を作ろうとする人間の精神の強さを示しています。

 

you might also like

コロナ・ワクチンにノー

ラエル氏の見解: 私はきっぱりとコロナ・ワクチンに …

米軍、シリアの占領ガス田付近で「間接的な」ロケット攻撃を受ける

ラエル氏のコメント: アメリカによるもう一つの不法 …

神への信仰を信じていない彼ら

ラエル氏のコメント: 彼らの「全知全能の神」からの …

「また、何もしないことで不正を働くことも可能なのだ」

ラエル氏のコメント: パレスチナ人のために何もしな …