暴力が正当化されることは決してない

ラエル氏のコメント:
100%当然のことです:暴力は常に容認できません! また彼は、暴行罪によって、米国では数百万ドルにもなる損害賠償を被害者に支払うよう宣告されるべきです。

彼が出演する映画の製作はすべて中止され、彼が協力している会社は契約を打ち切り、大手の映画製作会社や配給会社は、すでに完成している彼の出演映画の上映を中止しました。

アカデミー賞からは10年間の追放措置を受け、この期間中、単なるエキストラ出演であろうとも彼が出演する作品はノミネート対象にはならないことから、 彼を出演俳優として選ぶリスクを負う映画プロデューサーはいないでしょう。 彼自身、自分の行為に落胆しており、医師の診察を受けることにしています。 このような状況の中、今回の行為のきっかけとなった妻からの応援メッセージは今のところないばかりか、彼を打ちのめすような複数のインタビューを受けたり、元カレを賞賛し、息子の友人でスミス一家と家族ぐるみで親しくしていた男性との世界的に有名な不倫を記録した本の出版を許可しています。

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …