核戦争を回避した男性

ラエル氏のコメント:
すべての兵士の模範となるべき存在です。

1983年9月26日、世界は第三次世界大戦に突入しそうな状況に陥りました。 ところが、ソ連のスタニスラフ・ペトロフという軍人は、命令に背くことで「核戦争を防いだ」のです。

ペトロフ氏は、ソ連邦防空軍の中佐という立場にいました。 また彼は、セルプホフ15という秘密の司令塔の当直士官でもありました。 この司令塔は、アメリカ上空にあるソ連の衛星を監視し、核ミサイルが発射されたことをいち早く察知するために作られたものでした。

9月26日未明、アメリカの基地から大陸間弾道ミサイルが発射されたことを知らせるアラームがコンピューターから鳴り響きました。 その数秒後、さらに4基が飛び立ったことがコンピューター上に表示されたのです。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …