権威主義が社会の行き過ぎた行為に制限をかけることは可能であることがロックダウンで示される

ラエル氏のコメント:
「公衆衛生上の危機に直面した際、リーダーシップを装った、歯止めの利かない権威主義的な支配を許せば許すほど、事態が終息した後にその足かせを外すのは難しくなるでしょう。そして、私たちは自分自身を責めるしかないのです」~Damian Wilson

ダミアン・ウィルソン氏は英国のジャーナリストで、元Fleet Streetの編集者、金融業界のコンサルタント、英国とEUの政治コミュニケーション特別顧問を務めた人物です。

スペインの飲酒率が急落したことを示す新しい報告書によると、政府は「公衆衛生の保護」のための規制を他の問題にも転用して対処できることに気付きつつあります。 このような事態を防ぐためには、国民が受動的な態度から脱却しなければなりません。

未来のある時点で、この1年間に多くの人々が強いられた前例のない、延々と続くかのような権威主義的な制限を振り返ったとき、「我々は何を考えていたのか?」と自問すべきだと思われます。

なぜなら、コロナウイルスによるパンデミックの波が世界中の所々で引き始めている中、移動や個人の自由に厳しいルールを持ち込んだ各国政府は、2020年初頭の元の生活に戻ることを巡って足を引っ張っているように見えますが、その遅さに対する抗議は明らかに不十分です。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。