ラエル氏のコメント:
彼は私が幼い頃からマスターでした。 また、大人になったら何をしたいかと聞かれた私が、ディオゲネスのように樽の中で暮らしたいと答えたとき、家族全員がひどく立腹したものです…。

哲学者であるディオゲネス(紀元前413~327年)は、小アジアの町シノペの出身で、#プラトン や#アリストテレス と同時代に生きた#ソクラテス の弟子であり、皮肉屋の一派の出身でした。
彼は樽の中で生活を送り、ランタンの灯りを手に白昼のアテネを歩きながら、真正な人間を探していました。

彼にとっての最も高貴な人とは、富、栄光、快楽を嫌い、貧困、暗黒、苦痛、死を支配する人だったのです。

あらゆることにおいて、自然に従い、本質的なもので満足する方法を知り、私たちを本物の人間ではなくサーカスの動物にしてしまうような行動を無視することが必要であるとこの皮肉屋は述べています。

それゆえに、世の中の財やさまざまな誘惑を否定し、地味で厳しい生活を彼は提案しています。

Wikipedia

情報元と詳細についてはこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。