檻に入れられたコンゴの若者:動物園が謝罪に114年を要した理由

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:謝罪だけでは十分ではありません。 拉致された国とその家族の子孫に、巨額の慰謝料を支払うべきです。

 

 

オタ・ベンガさんは1904年、現在のコンゴ民主共和国から誘拐され、アメリカに連れて行かれて展示されました。 ジャーナリストのパメラ・ニューカーク氏は、このテーマについて幅広く執筆しており、青年に起こったことを何十年にもわたって隠蔽しようとした試みに注目しています。

ニューヨークのブロンクス動物園は、サル舎にアフリカの若者を展示し、世界的な大見出しを飾って1世紀以上が経ちますが、ようやく後悔の念を表明しました。

野生生物保護協会は、1906年に開催したコンゴ出身のオタ・ベンガさんの展示に対する謝罪を発表しましたが、これは、ジョージ・フロイドさんの警察官殺害事件のビデオ撮影による世界的な抗議を受けてのもので、米国の人種差別に再び光を当てています。

全国的に清算の嵐が巻き起こっている中、野生生物保護協会(WCS)の会長兼最高経営責任者(CEO)であるクリスティアン・サンパー氏は、「WCS自身の歴史と、私たちの機関における人種差別の永続性を反省することが重要だ」と述べました。

彼の謝罪は、ブロンクス動物園を運営する協会が、オタ・ベンガさんが初めて展示された翌日の1906年9月9日から、動物園から釈放される9月28日にまでの間、欧米中で息を呑むような見出しが飛び交ったこのエピソードについて、完全な透明性を確保することを誓ったものです。

しかし、遅まきながらの謝罪は、長年にわたり妨害行為を受けてきたことにも関係しています。

 

https://www.bbc.com/news/world-africa-53917733?fbclid=IwAR0SInsPW8B2NctFAYu2XNGW1xgfLzuuief7UPGiSPzAiwl5QzVNBa4A2G8

Get the truth

Read the messages given to us by our creators during Rael’s UFO encounter in 1973! 

Other events

Follow Us

Rael Academy

you might also like