正直に、優しく、恐れずに

ラエル氏のコメント:
「正直に、優しく、恐れずに」 この世のすべてのドラマは、恐怖によって作られてきましたし、これからも作られていきます。戦争から対コロナマスク、ロックダウン、大量虐殺、植民地化、ナチズム、人種差別などにいたるまで、すべては恐怖に起因しています。核兵器の備蓄についても同じことが言えますし、それを「抑止力」と言ってしまうと、もっとひどいことになります。そこには明確な意味が込められています:「みなを怖がらせ、攻撃してこないよう、周囲に配備しよう」 それではまだ恐怖が残ったままです…。 要約すると、マスクと核兵器は同じものに基づいているということです。 「正直に、優しく、恐れずに」というのは、私たち自身の生存と人類の生存にとって、唯一の解毒剤なのです。
マイトレーヤ・ラエル 75aH (2021年) 1月31日

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …