死の危険性があっても生きることの方がいい

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
ようやく人々は、死を避けて生をとらないよりは、死の危険を冒してでも生きる方が良いと気付きました…。

元記事はこちら

you might also like

アメリカ発見の “起源” を問う古文書

ラエル氏のコメント: アメリカを “発 …

見る者に非常な満足感を与える男性

ラエル氏のコメント: これが生きているということで …

ヒトに存在する新たに発見された微生物

ラエル氏のコメント: 必見です! ラウール氏は、進 …

オルバン氏率いる4カ国は、移民を受け入れず中絶反対の政策をとったことでEUと衝突することに

ラエル氏のコメント: もっと子供を作り、外国の子供 …