死を恐れるのを止めるために死を愛する

マイトレーヤの投稿文:

毎年、6000万人の人が亡くなっています。 毎年です。 そして1億4000万人が生まれてきます。 それが人生というものです。 子供をこの世に生んだ時点で、知的障害者でもない限り、80歳前後で亡くなることはあらかじめ分かっています。

つまり、世界の人口は、毎年8000万人ずつ増加し、80億人に近づいているのです。 世界の人口増加を食い止めるためには、年間8000万人以上の死亡者が必要ということです。 あいにく、コロナウイルスの犠牲者はこれまでに約300万人にとどまっており、世界人口の増加を食い止めるのに必要な数の10倍にもなっていません。 もう一度言いますと、毎年6000万人が亡くなっており、1日あたり16万人が亡くなっていることになりますが、そのうちのごくわずかな割合がコロナウイルスによるものです。

そして、死を恐れていようがいまいが、85歳になる前にはみんな死ぬのです。 ですから、人生を十分に楽しむことを妨げる、避けられない死を恐れて生きるのではなく、幸せで自由に生きた方が良いということなのです。 ですから、マスクをしたり、ワクチンを接種したりするのは愚かなことなのです…すべての恐怖心を思考から排除しましょう! それは、あなたが幸せでいることを妨げるものです! そして、とくに死に対する恐怖を! それどころか、死を愛するのです。 将来の自分の死を愛することで、一瞬一瞬の喜びをより強く感じることができます。 無常にも死に至る、限りある人生を送っていることを意識することで、一瞬一瞬をより楽しむことができます。 愛、性、芸術、五感の快楽は、死という概念によって増幅されます。 将来に訪れる死を愛することで、人生をより愛せるようになるのです! 一方、死を恐れてばかりいると、死を全く楽しめなくなります。 あなたの身に起こる死は、あなたの親友にならなければなりません!

2021年 (aH 75年) 5月18日 マイトレーヤ・ラエル

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。