盗まれた家を見つめながら

ラエル氏のコメント:
自分がその土地の所有者であるならば、そのような行動をとるものです。 私たちは決して離れません🇵🇸✌🏻 もしそこが本当に入植者の家であるならば、自分たちの家であることを世界に示すため、わざわざ家中に旗を立てたりはしないでしょう。 あり得ません。 その家は、まさにその土地の先住民であるパレスチナ人の家族から盗まれたものなのです。
家が自分達のものではないことを知りながら、どんな気持ちで住んでいるのでしょう? その家は盗まれたものであり、家の持ち主は路上に放り出されていることを知りながら。彼らは恥というものを知らないのでしょうか? 彼らの人間性と良心はどこにあるのでしょうか? 彼らの道徳心はどこにあるのでしょうか?
#攻撃を受けるガザ #パレスチナ #ガザ #シェイクジャラ #パレスチナを救え #パレスチナに自由を #シェイクジャラを救え #アルアクサーモスク

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

世界的に高まる市民暴動のリスク

ラエル氏のコメント: とても良いニュースです! 世 …

ラエル氏がトルコのマドンナを支持

ラエル氏のコメント: トルコのマドンナと呼ばれてい …

レースの思い出

ラエル氏のコメント: 私が日本でレースをしていた頃 …

死と愚か者

ラエル氏のコメント: もしあなたが馬鹿で死んでも、 …