研究:コロナウイルスに伴うロックダウンに触発された自殺が豪州と米国で増加傾向に

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
自宅待機による自殺者数がコロナによる実際の死亡者数よりもはるかに多くなる可能性があり、彼らはそれを違法で愚かな政策の「巻き添え被害」と称して、当然ながら死亡者数よりも多くの命を救ったと主張するでしょう。

 

世界の自殺率は加速しています。コロナウイルスが引き起こすロックダウンにより、うつ病が急増し、大量の失業者が人々を追い詰めています。 オーストラリアと米国の研究者は、自国への脅威を強調しています。

シドニー大学 “脳と心のセンター”の研究者たちによると、コビド19のロックダウンによって引き起こされた自殺者の急増は、オーストラリアで実際のウイルスによる死亡者の10倍を上回ると予想され、木曜日にその結果を発表しました。

最良のシナリオでも、自殺率は25%上昇するとイアン・ヒッキー教授は予測し、そのうちの40%は若者の間で起こるだろうと見ています。 オーストラリア経済の悪化が続けば、自殺率は50%も上昇する可能性があります。 これにより、自殺による死亡者数は、年間平均3,000人に対して750人から1,500人が追加されることになり、ヒッキー氏によるとこれらの増加率は「景気後退が12ヶ月以上続く場合、最大で5年間持続する可能性がある」としています。

コロナウイルスの大流行は、木曜日の時点で オーストラリアで97人が死亡しています。 ジョンズ・ホプキンス大学がまとめた統計によると、世界中で26万4千人以上がウイルスで死亡しています。 しかし、多くの国で感染率が横ばい、あるいは低下し始めている一方で、パンデミックに対する政府の対応による経済的打撃はまだ始まったばかりです。 世界保健機関(WHO)によると、封鎖が始まる前から世界の自殺率は驚くほど上昇しており、80万人以上に達していました。

https://www.rt.com/news/488070-australia-us-coronavirus-suicide-spike/?fbclid=IwAR1F-1W6tB8g1Q5HxkYO3ABgpE0CZRTrihbeFurtf6BA0shtUbUwaiQ8nEg

 

創造者からのメッセージ

1973年のラエルのUFOの出会いの間に私たちのクリエイターによって私たちに与えられたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like