米国がイラクで攻撃を受けている中、相手と同じ手段を用いるよりもむしろ何故そこにいるのかをバイデンは問う必要がある

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
Yankees go home!

イラクで反米感情が高まり、国がイラン寄りになるにつれ、ジョー・バイデンは今こそ、アメリカ人の生活を困難にしているシーア派の民兵を標的にするのではなく、そこでの存在感を再評価するのに良い時期にいるのではないでしょうか。

火曜日にはイラクでまたもや米軍基地に対するロケット攻撃がありました。 合計10発のロケット弾が 米軍と連合軍が駐留している アイン・アルアサド施設に向けて発射されたものです。 先月に発生したイルビルでの攻撃では、同盟国の民間請負業者1名が死亡しています。

前回、ジョー・バイデン政権は、シリアで活動するイランと連携した民兵への空爆で応じましたが、両国が核取引の可能性を巡って協議を重ねている中、この状況はテヘランに責任があるものとしています。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

死を歓迎しましょう!

マイトレーヤの投稿文: 人々は今、死ぬことを恐れて …

マダム・ジャンヌ=ルイーズ・カルマンの紹介

ラエル氏のコメント: まさに素晴らしい例ですね。彼 …

バイデン氏、予防接種後のマスク着用を擁護

ラエル氏のコメント: 米国大統領が「世界に向けてメ …

死の危険性があっても生きることの方がいい

ラエル氏のコメント: ようやく人々は、死を避けて生 …