米国で暴動が勃発している間、奴隷制の賠償金14兆ドルを要求することは、正義ではなく恐喝

ラエル氏のコメント:
それでは不十分です。

 

ジョージ・フロイド氏の死を受けて大規模な暴動が起きている中、月曜日には、黒人初の億万長者であるBETの共同創設者ロバート・L・ジョンソン氏が、 アフリカ系アメリカ人奴隷の子孫のために14兆ドルの賠償金、

つまり奴隷制度の「償い」として、黒人一人一人に対して358,000ドル近くの賠償金を要求し、メディアを賑わせました。

「今こそ大金を手に入れる時だ」と、心を揺さぶる金額を説明しています。 「富の創出に焦点を当てる必要があります…そのためには奴隷の子孫をこの国と平等にする必要があります」

ジョンソン氏の賠償要求は 無責任で挑発的です 暴動、強盗、銃撃、財産破壊が蔓延しているこの時にあって、1968年以来 アメリカでは見られないほどのものです。 彼はジョージ・フロイド氏の死の前から賠償を主張してきましたが、今、彼の呼びかけは「金を払うか、もっと暴動を期待するかのどちらかだ」というものになっています。

ジョンソン氏の要求は、道徳的に破綻した恐喝の試みであるだけでなく、財政的にも不可能です。 アメリカ史上最大の富の移転になるでしょう。 この要求は現実味を帯びていません。 白人アングロサクソン人だけでなく、ヒスパニック系、パレスチナ人、アラブ人、アジア人、ユダヤ人、イタリア人、ドイツ人、ロシア人、ポーランド人、その他アメリカのあらゆる民族にも、生きているアメリカ人の中で、特に白人以外の人たちが恩恵を受けたことのない犯罪に対して税金を課すことになります。 これらのグループの祖先や、それに関してはほとんどの白人アメリカ人は、奴隷制度に参加しておらず、彼らの子孫も歴史的奴隷制度から何の利益も受けていませんでした。

 

https://www.rt.com/op-ed/490620-slavery-reparations-riots-justice/?fbclid=IwAR3w0cwA-0SceYD-XP8JuyQ7e8JBT8u5DTGhogiN1rC1eZ28b0oNM8jZRzM

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。