米国の戦争犯罪を調査している国際刑事裁判所の職員をワシントンが制裁

ラエル氏のコメント:
「無法国家」の究極の定義とは、国際裁判所よりも自国の方が優っていると考える国を指します。

 

ドナルド・トランプ政権は、戦争犯罪で米軍人を調査・起訴するための「あらゆる努力」に従事する国際刑事裁判所職員に経済制裁を課している。
ホワイトハウスの報道機関は木曜日の声明で、ドナルド・トランプ大統領がICC職員とその家族に対する「ビザ制限の拡大」も認めたと述べた。

米国は、ハーグを拠点とする裁判所に制裁を科すとの脅しを繰り返し、ワシントンの同意なしに米国人を調査・訴追する権利はないと主張してきた。

ホワイトハウスの声明は、裁判所の行動を “アメリカ国民の権利に対する攻撃 “と “我々の国家主権を侵害する脅威 “と表現した。

また、ICCは「戦争犯罪に対する説明責任を提供するため」に設立されたが、「実際には」説明責任を果たせず、効果がないものになっていると付け加えた。

イスラエルによるパレスチナ人に対する戦争犯罪の疑惑を調査するためのICCの努力は、トランプ政権からも非難を浴びている。

 

https://www.rt.com/news/491537-us-economic-sanctions-icc/?fbclid=IwAR3kIdG9W0RrvcytSHxgMwoMH5F0cK-DiziLs3P8bm_ZJrM3FOCYEz__Ykw

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

West’s selective treatment of Ukrainian refugees

RAEL’S COMMENT:  Th …

Tennis icon claims booing ‘fuels’ Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …