米国主流メディアへの信頼度はかつてないほど低下しているが、ジャーナリストたちは自身ではなく視聴者に原因があると主張

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
アメリカだけでなく、至るところで起きています。 主流派メディアの終焉を祝いましょう…。

 

広告関係を扱うエデルマン社が毎年発表している「トラストバロメーター」によると、主流派メディアを信頼しているアメリカ人は半数以下だということです。 しかし、メディア側は視聴者との関係を修復しようとはしておらず、むしろ「情報衛生状態」の悪さを非難しています。

エデルマンによる最新の年次調査によると、アメリカ人のメディアに対する信頼度は、2021年には過去最低を記録し、全体では3ポイント下落して46%にとどまりました。 アメリカ人のジャーナリズムへの信頼が50%を下回ったのは、今回が初めてのことです。

アメリカ人のソーシャルメディアへの信頼度については底をつき、27%という悲惨な結果になりました。 世界的に見てもソーシャルメディアへの信頼度はそれほど良くなく、「一般的なニュースや情報」の信頼できる情報源だと考えているユーザーはわずか35%でした。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

Celebrities who have recovered from the coronavirus

RAEL’S COMMENT: Nob …

Homes of Palestinians stolen from Israeli regime

RAEL’S COMMENT: Whe …

批判されることなく自分らしさを貫く

ラエル氏のコメント: この人のようになることを選ぼ …

小さなウイルスが人類に謙虚さを教える

ラエル氏のコメント: ほんの小さなウイルスひとつか …