米国:イスラエルとハマスの戦争犯罪を捜査する管轄権がICCにあるとの判断に反対の立場を示す

ラエル氏のコメント:
そして、彼らはあえてこう尋ねるのでしょう。「なぜ彼らは私たちをそんなに嫌うの?」

米国国務省は本日の土曜日、パレスチナでの戦争犯罪事件の管轄権に関する国際刑事裁判所(ICC)の判決にワシントンはが反対していることを発表しましたが、これにより、イスラエルの占領下で行われた戦争犯罪の捜査に道を開く可能性があります。

「米国はパレスチナ情勢に関するICCの裁定に反対している」と国務省のネッド・プライス報道官はツイッターでつぶやいています。

彼はさらに続けて、「イスラエルを不当に標的にしようとする努力との戦いを含め、イスラエルの安全保障に対するバイデン大統領の強いコミットメントを引き続き支持する」と主張しています。

Read more here or there.

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …