米軍、シリアの占領ガス田付近で「間接的な」ロケット攻撃を受ける

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
アメリカによるもう一つの不法占拠です。

ワシントンの支援を受けているシリア民主軍が占領している、デイル・エズ・ゾル州にあるコノコ社のガス田では、少なくとも1回の爆発がありましたが、当初の報告では、この地域に駐留している米軍に死傷者はいないとされていました。

シリアの国営通信社SANAによると、地元の情報筋は、爆発後に「占領軍の異常な動き」を指摘しているが、この地域はいわゆるシリア民主軍が支配しているため、詳細は不明とのことです。 米国の国防関係者はロイター通信に対し、攻撃を確認したが、砲撃は「間接的」であり、死傷者や被害はなかったようだと述べています。

これは、シリア駐在の米軍に対する一連の攻撃の中で最も新しいものとなります。 6月28日には、デイル・エズ・ゾルのオマール油田近くにある米軍基地が迫撃砲で攻撃され、先週は、シリア民主軍が阻止したとされるドローン攻撃の試みが複数報告されています。 米軍は国境を越えてイラクからも非難を浴びており、今週だけで十数発のロケット弾が米軍を駐留させているイラクの空軍基地に命中し、少なくとも2名の米兵が負傷しました。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

コロナ・ワクチンにノー

ラエル氏の見解: 私はきっぱりとコロナ・ワクチンに …

神への信仰を信じていない彼ら

ラエル氏のコメント: 彼らの「全知全能の神」からの …

「また、何もしないことで不正を働くことも可能なのだ」

ラエル氏のコメント: パレスチナ人のために何もしな …

今に生きるということ

ラエル氏のコメント: 自撮りをするということは、本 …