肺と免疫系が攻撃を受け既知の患者の40%が死亡した「壊滅的な」新しい遺伝子疾患を科学者が発見

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
そして、(今までも、そしてこれからも)さらに沢山あります! それが“人生”と呼ばれるものです。

 

遺伝子の突然変異によって引き起こされるこの新たな疾患は、現在利用可能な治療法に患者が反応しないため、特に高い死亡率を示していると研究者らは述べています。

この病気は、VEXAS(vacuoles, E1 enzyme, X-linked, autoinflammatory, somatic)症候群と呼ばれています。 血管内の血栓、発熱の再発、肺の異常、人間の免疫システムで重要な役割を果たしている骨髄細胞の空胞(異常な空洞のような構造)などの症状を引き起こします。

米国立衛生研究所(NIH)の研究者らは、未診断の炎症性疾患を持つ2,500人以上のゲノム配列を解析した結果、この病気にたどり着きました。 データを比較したところ、25人の成人男性が、VEXASの原因とされるUBA1遺伝子に特殊な変異を持っていたことが判明しました。

「臨床的な類似性に着目するのではなく、全く新しい病気の発見に役立つゲノムの類似性を利用しました」と語るのは、国立ヒトゲノム研究所学内研究プログラム科学部長のダニエル・カストナー氏です。

NIHは、研究者が研究したVEXAS患者の40%が死亡していることから、この新しい病気は「生命を脅かす可能性がある」と報告しています。 死者数の多さから、「深刻な状態がもたらす壊滅的な結末」が明らかになったと発表しています。

カストナー氏がNBC ニュースに語ったところによれば、VEXASは「実に不気味」なもので、「高用量のステロイドから様々な化学療法まで、どんな治療にも反応しない」ということです。

https://www.rt.com/news/505179-new-disease-lungs-immune/?fbclid=IwAR38A6XjEyCYceIKwPz1aNhgSYjZ2FIfMIcaLMLdfeRQbvJSDFzOAhGhMDg

真実はここに!

Intelligent Design A Message from the Designers by Rael
.

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

Even better, don’t use masks

RAEL’S COMMENT: Whe …

ジェラール・ドパルデュー氏が12月に “レイプ “で起訴されていた

ラエル氏のコメント: 起訴を受けても有罪判決と同然 …

仏の大手スーパーマーケットをボイコット

ラエル氏のコメント: 現金を拒否するオーチャンやそ …

「ハンターを憎み、軽蔑します…」 ~ブリジット・バルドー

ラエル氏のコメント: ブリジット・バルドーの寄稿記 …