脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント:
規制や認可で長い時間が失われ…その一方で、何千人もの人々を殺す毒物ワクチンは即座に認可されました…。

脳卒中から交通事故まで、あらゆる治療に携わってきた脳神経外科医のジョセリン・ブロッホ氏は、脳の自己修復能力のなさを熟知しています。 しかし現在、彼女と同僚たちは、神経修復の鍵となるダブルコーティン陽性細胞を見つけたかもしれない、と示唆しています。 幹細胞と同様、非常に適応力が高く、脳から取り出して培養し、同じ脳の病変部に再注入すると、脳の修復や再生に役立つというのです。 ブロッホ氏は、「少しの助けがあれば、脳は自分自身を助けることができるかもしれない」と語っています。

動画

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。

公共サービス広告:もしあなたが、「神が妊娠を望んだのだから」レイプ被害者は赤ん坊を産まなければならないと信じているなら、私に近づくんじゃないよ。

ラエル氏のコメント: この馬鹿げた論理に従えば、レ …