脳の一部を手術で除去した後、恐怖を感じることができなくなった男性

ラエル氏のコメント:
軍隊もこの手術に注目しており、司令官の一部にこの手術を行うことになるでしょう。

不安に悩まされていた男性は、脳の手術を受けた後、恐怖を感じる能力を失い、強盗やクモなど人生の様々な危険に直面しても、平然として向き合う力を発揮できるようになったと主張しています。

ジョディ・スミスさん(32歳)は、右の扁桃体を切り取ったことで、もう何も「怖くない」と語っています。このニューヨーク在住の男性は、1日のうちに何度も起こる短いパニック発作に悩まされていました。 その結果、気を失って隣家の庭を這いずり回るという深刻な事態に陥ったのです。 スミスさんは、この出来事をほとんど覚えていませんが、専門医に相談したところ、てんかんと診断されました。

彼は2年間、薬による発作の治療を試みましたが効果はなく、脳外科手術が最後の望みだったのです。 処置を行う前に、医師はスミスさんの脳内にプローブを埋め込み、発作の原因となる場所を特定しました。 スミスさんは、医師が脳のどの部分を切り取るべきかを特定するため、わざと発作を起こすように指示されました。 スミスさんは、大音量の音楽を流したり、睡眠を削ったりして、わざと自分を苦しめ、てんかん反応を起こさせようとしたそうです。 ある時は、医師にビールを飲むように勧められたこともありました。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。