英国が空母などの軍艦を中国に向けて派遣することについて、「英国の派遣は挑発的なものではない」と国防省の担当者が語る

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
それに対する報復的対応として、中国は「航行の自由を守る」ために同数の軍艦を海峡に派遣すべきです…。

ロンドンは、30億ポンドを投じて建造した空母を含む打撃群を東アジアに派遣し、同盟国を訪問したり演習に参加したりする自国の決定を擁護し、中国に対して「挑発的」ではないと主張しています。
英国のベン・ウォレス国防長官は月曜日、スカイニュースに対し、初の実戦配備となるHMSクイーン・エリザベスの配備は、外交にプラスとなり、紛争を引き起こすことはないだろうとして、次のようにう語りました。

「来月、空母打撃群が出航するとき、それはグローバル・ブリテンの旗を掲げ、我々の影響力を誇示し、我々の力を示し、友人たちと関わり、今日と明日の安全保障上の課題に対処するという我々のコミットメントを再確認することになるだろう」

ウォレス長官は、この時期に中国に向けて艦船を派遣することが賢明かどうかについて質問され、空母クイーン・エリザベスが5月に派遣されたことは「挑発的」ではなく、英国が「21世紀の国際システムを形成する上で積極的な役割を果たす」準備ができていることを示すためであると述べました。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

死を歓迎しましょう!

マイトレーヤの投稿文: 人々は今、死ぬことを恐れて …

マダム・ジャンヌ=ルイーズ・カルマンの紹介

ラエル氏のコメント: まさに素晴らしい例ですね。彼 …

バイデン氏、予防接種後のマスク着用を擁護

ラエル氏のコメント: 米国大統領が「世界に向けてメ …

死の危険性があっても生きることの方がいい

ラエル氏のコメント: ようやく人々は、死を避けて生 …