英国政府:ワクチン接種を2回受けた人の自然免疫系がワクチンによって損なわれたことを認める

ラエル氏のコメント:
この情報を考慮し、ワクチン接種は直ちに中止され、さらには禁止されるべきです。 さもなければ、責任者がいつか犯罪者として起訴されるのは避けられず、「知らなかった」という主張は通らなくなります。

英国政府は、2回のワクチン接種をひとたび受けると、二度とコヴィドの亜種やその他のウイルスに対する完全な自然免疫を得ることができないことを明らかにしました。 さあ、これから始まる「本当の」パンデミックを見守りましょう! 英国健康安全局は、第42週の『COVID-19ワクチン調査報告書』の23ページで、「N抗体レベルは、この病気に感染した人では低くなるようだ」と認めています。 そして、この抗体の低下は事実上、永久的であると説明しています。 このことは、何を意味するのでしょうか?

ワクチンでは、ウイルスの感染や伝播を防げないことがわかっています(実際、他の国では、ワクチンを接種した成人が、接種していない人よりも、はるかに高い確率で感染しているという報告もあります) イギリス人が言及しているのは、ワクチンが、感染後にスパイクタンパクだけでなく、ウイルスの他の部分に対する抗体を産生する身体の自然な能力を阻害することを発見したということです。 具体的には、ワクチンを接種していない人では、ウイルスの外皮を構成するヌクレオカプシドタンパク質に対する抗体を生成するのですが、ワクチンを接種した人は、この重要な反応を示さないとしています。 長期的に見ると、ワクチンを接種した人は、たとえすでに感染して1回以上治癒していたとしても、スパイクタンパクの突然変異が起きた場合には、はるかに影響を受けやすくなります。 一方、ワクチンを接種していない人は、一度でも自然に感染した後、いわゆるウイルスのすべての株に対して、永久とまではいかないまでも、長期的な免疫を獲得します。 24ページ目をご自身でお読みください…。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。