虐待的な罰金をやめろ

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
そうです、自身が100%間違っていると分かっていても、絶対何にも署名はしないことです。 彼らが主張しても、誰もあなたに署名を強要することはできません。 私は、マスクの着用や自宅待機についてだけではなく、スピード違反やその他の違反についても話しています。 スピード違反の場合は、レーダーの製造番号と校正日(レーダーは年1回の校正が必要です)も必ず要求してください。

 

供述書に理由を添えて記入し、もし彼らが拒否するなら、署名しないで異議を唱えて下さい!(署名するということは、受け入れるということ) あなたが異議を唱える限り、彼らは2回目の罰金を適用することはできないことに留意して下さい!
私たちがすべての交通切符に異議を唱えれば、システムはたちまち飽和することになります。 抵抗しましょう!

https://www.facebook.com/photo?fbid=388104052236508&set=a.111188946594688

真実はここに

Intelligent Design A Message from the Designers by Rael
.

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like