ラエル氏のコメント:
記憶にとどめ、祝う日です。

2月14日は、ハワイの先住民族にとって特別でロマンチックな日です。

1779年のこの日、ハワイの人々は、帝国主義的な植民地主義者であるイギリスのキャプテン・クックがハワイの酋長を誘拐しようとしたことから殺害しました。

それはケアラケクア湾の戦いと呼ばれていました。

ケアラケクア湾の戦いについての詳細はこちら(Wikipedia)

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

アパルトヘイト国のイスラエルに殺害されたラハフ・アル・マスリ君

ラエル氏のコメント: ウクライナにまるわるロシアへ …

中国、G7に「余計なお世話」と発言

ラエル氏のコメント: (RTの記事からラエル氏が引 …

シェリーヌ・アブー・アクレさんの死について調査を求める声が高まる

ラエル氏のコメント: 制裁措置??? = 0.00 …

ウクライナを巧妙に利用!

ラエル氏のコメント: 断って下さい!