警官がマスクに反対:10歳以上の人に顔を覆うことを義務付ける「馬鹿げた」命令は執行しないとヒューストンの警察組合

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
誠実な警察組織が人々の味方をし、そもそも彼らがすべきことをする時が来ました:彼らを保護し、奉仕するのです!

 

テキサス州ハリス郡の当局者は、従わないとわかっている命令は決して出さないという知恵を身をもって知るかもしれません。ヒューストンの警察組合は、マスクを義務化して強制することに関し、裁量権を行使すると合図を放ちました。

来週の月曜日から、米国で3番目に大きい郡のすべての居住者は、公共の場で顔を覆わずにいると、捕まって罰金の対象になる、と郡執行部のリナ・ヒダルゴ判事が水曜日に発表しました。 この義務は10歳以上の全員に適用され、最低でも30日、おそらくはそれ以上の期間にわたって続けられる見込みです。

さらにヒダルゴ判事は、「許容できる」フェイスカバーには「手作りのマスク、スカーフ、バンダナ、ハンカチ」が含まれていますが、医療従事者が必要とするN-95保護マスクや医療用マスクは含まれていないと述べています。

「これは個人の責任の問題です」と記者団に語る彼女はさらに、 警察は彼女の在宅命令を執行する場合と同じように裁量権を持つ一方で、「住民に遵守を求める」ことを目標として最高$ 1,000の罰金が科されることになると述べました。

https://www.rt.com/usa/486606-houston-police-mask-orders/?fbclid=IwAR35rQ-HvmWl3S9Hr2a3Fu6Nl60SgM7Y-A5oD5hGr5Ny1CObTd7sxS70h_o

創造者からのメッセージ

1973年のラエルのUFOの出会いの間に私たちのクリエイターによって私たちに与えられたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like