警察に召喚されたエティエンヌ・ショーアル氏

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
「人権の祖国を自称する国で意見表明を拒否したとして起訴されました」…。

 

2019年6月10日、フランスの無料ニュースサイト『ル・メディア』では、 エティエンヌ・ショーアル氏が、ジャーナリストのデニス・ロバート氏のゲストとして出演しています。「極右」とのつながりを説明するのに42分を費やした後、黄色いベストの民主党の人物は驚くべき質問に直面しました。「ガス室をの存在を疑っていませんか?」 その1年後、エティエンヌ・ショーアル氏は「人道に対する罪の争い」で司法警察に呼び出されました。 彼が犯した犯罪? その奇妙な質問にこう答えています。「それは私の論点ではありません。 何も知りません。」聴聞の最後には、ヴィンセント・ラピエール氏とメディア・フォー・トゥスのチームが登場しました。

you might also like

Japanese researchers 3D print lab-grown Kobe beef

RAEL’S COMMENT: Ver …

「どうして何もしなかったのか?」 と人々は私達に尋ねる

ラエル氏のコメント: 前々から一部の人々は「黄色い …

世界はコロナ狂になってしまった

ラエル氏のコメント: つまり、ウイルス性疾患にかか …

今、我々がアフガニスタンで目の当たりにしているのは、「サイゴン時」の歴史的な繰り返し

ラエル氏のコメント: 「アフガニスタンの人々は、よ …