警察の強制捜索を促す屋外のダンスパーティーでCovid-19のロックダウンに抗うパリ市民たち

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
ようやくフランスの革命精神が幸いなことに復活しました! すべての国民は、免疫力を高め、憲法と人権によって保障された自由への攻撃に抗うために、外に出て踊り、抱き合うべきです! そして、弁護士も警察を止めに来るべきでした! 今まで以上にフリーハグを推進する時がきました!

 

コロナウイルスによるロックダウンの中、何十人もの人々がパリの高級な歴史地区に集まり、住人のバルコニーにから流れる大音量の音楽に合わせ、即席のストリート・パーティーを開いてダンスに興じました。 そして警察も、パーティーをきっかけに迅速な対応が。
モンマルトルを含むパリ18区の映像では、ダリダの「Let me dance」という曲に合わせて腰を振ったり、回転したりする人々と、野次馬が集まっている様子が映し出されています。

コロナウイルスの検疫に対するダンスでの反抗は長くは続かず、警察はすぐに現場に到着し、お祭り騒ぎの人々を分散。 このパーティーで誰か罰金を科されたのか、あるいは拘留されたのかは、今のところ明らかにはなっていませんが、音楽を流した人物は、警察から警告を受けたと報じられています。

 

https://www.rt.com/news/486928-paris-covid-dance-party/?fbclid=IwAR1nYGwiwUoH_fCml_XceKC7TA32evqAT-BgkjtaMLoWrZrJ5BKLF_rf5Qg

創造者からのメッセージ

1973年のラエルのUFOの出会いの間に私たちのクリエイターによって私たちに与えられたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like