過去に干ばつに見舞われたものの今もなお私たちはここにいる

ラエル氏のコメント:
刻まれた碑文があるということは、過去にも同じような干ばつがあったという証拠です…。 そして、私たちはなおもここにいます!

チェコのエルベ川には、この夏、「Wenn du mich siehst, dann weine」、つまり「私を見たら、泣いてください」と刻まれた石が露出しました。 この碑文は、19世紀初頭、火山の噴火によって気候が乱れ、収穫が減少した飢饉の時に刻まれたものです。

イタリア北部では、ポー川の水位が大きく下がり、第二次世界大戦時の450kgの不発弾が出現しました。 爆弾処理班が介入して撤去したの でしょう。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

世界的に高まる市民暴動のリスク

ラエル氏のコメント: とても良いニュースです! 世 …

ラエル氏がトルコのマドンナを支持

ラエル氏のコメント: トルコのマドンナと呼ばれてい …

レースの思い出

ラエル氏のコメント: 私が日本でレースをしていた頃 …

死と愚か者

ラエル氏のコメント: もしあなたが馬鹿で死んでも、 …