選挙で選ばれたわけでもない皇帝が米国に売ったアラスカという地

ラエル氏のコメント:
アラスカに居住したのはロシア人が最初であり、1867年にロシア皇帝アレクサンドル2世の選挙によらない政府が米国に売却するまではロシアの一部でした…。 この売却は、ロシア人の国民投票による承認を受けるべきでしたが…国民は間違いなくこの売却を中止するよう求めたことでしょう! (ラエル氏によるウィキペディアからの引用)「18世紀の初頭、ロシア人が欧州人として初めてこの地に入植し、やがて現在の州の大部分を占めるロシア領アメリカの基盤を固めた。この遠く離れた領地を維持するための費用と困難さから、1867年に米国へ720万ドル(2020年の1億3300万ドルに相当)、1エーカーあたり約2セント(1km2あたり4.74ドル)で売却された。」

アラスカは、ヨーロッパ人が到着する何千年も前から、さまざまな先住民族に占領されていた。 この州は、陸続きになっていたベーリング海峡を経由して北米に入植する際の入口になっていたと考えられている。 18世紀の初頭、ロシア人が欧州人として初めてこの地に入植し、やがて現在の州の大部分を占めるロシア領アメリカの基盤を固めた。 この遠く離れた領地を維持するための費用と困難さから、1867年に米国へ720万ドル(2020年の1億3300万ドルに相当)、1エーカーあたり約2セント(1km2あたり4.74ドル)で売却された。 この地域は、1912年5月11日に領土として構造化されるまで、行政上の変化をいくつか経てきている。 1959年1月3日、アメリカ合衆国の49番目の州として承認された。

アラスカは全米で最も経済規模が小さい州の一つであるが、豊富な資源を持つ漁業、天然ガス、石油を中心とした多様な経済活動により、一人当たりの所得は最も高い州の一つとなっている。 また、アメリカ軍基地や観光業も経済の重要な部分を占めている。州の半分以上は連邦政府が所有する公有地で、数多くの国有林、国立公園、野生生物保護区がある。

アラスカ州の先住民の人口は15%以上と、米国の州の中で最も多い構成比を占めている。 先住民の言語としては20種類近くが話されており、アラスカ先住民は地方や州の政治に大きな影響力を行使している。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …