金属板を手術で埋め込んだペルーの細長い頭蓋骨

ラエル氏のコメント:
約2000年前のものと推定される、外科手術で金属板を埋め込まれたペルーの細長い頭蓋骨です。 修復された骨の周りはしっかりと癒合しており、手術が成功していることが分かります。

細長い円錐形の頭蓋骨と金属製のインプラントの組み合わせは、ペルーで発見された古代の外科手術用インプラントの最古の証拠となる可能性があります。 あるいは、現代に作られたフェイクかもしれません。

オクラホマシティの骨学博物館に寄贈されたこの頭蓋骨は、円錐形をしていますが、これは何も珍しいことではなく、古代ペルーの人々は、子供の頭を発達の過程でバンドで圧迫して独特の形状にしたことが知られています。

しかし、この頭蓋骨に金属製のインプラントがあるのは非常に珍しく、もし本物であれば、古代アンデスに残るユニークな発見となる可能性があります。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

コロナ警戒情報

ラエル氏のコメント: そして、80億人以上の人々も …

旧植民地がフランス軍に退去を命令

ラエル氏のコメント: 朗報!

ジョン・ケリー氏がダボス会議で「宇宙人」に言及したスピーチを行って論議を呼ぶ

ラエル氏のコメント: 億万長者のイーロン・マスク氏 …

中国が驚くべき人口数を明らかに

ラエル氏のコメント: 朗報です!