騒音を出す海軍を地域住民が訴えて勝訴

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
沖縄でも同じ行動をとるべきです。

ウィッドビー・アイランド海軍航空基地に駐機しているEA-18Gグラウラーの騒音がひどいとして、騒音防止団体とワシントン州の司法長官が米海軍を相手取った訴訟で勝訴しました。

J.リチャード・クレアチュラ判事は、EA-18Gグローラー機を基地に導入することによる環境や地域社会への影響について、海軍は意図的に「見て見ぬふり」をしていたと判断。 さらに彼は、海軍がデータの評価方法として、より多くの飛行機を駐留させるという目標に有利な方法を選んでいたとしました。

裁判官は先週の判決で、海軍が「一般市民と環境を犠牲にして」行動していると非難しました。

頭上を飛行する航空機の騒音レベルは、屋外では耳をつんざくような120デシベル(dB)、屋内では90デシベルにも達するだけでなく、「約1分おきに、真昼間に」飛行機が急上昇する音が聞こえてきます。外では全くもって生活できません」とある地元住民はインディペンデント誌に語っています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

Earth’s core cooling faster than expected

RAEL’S COMMENT:  So …

Maitreya Rael awarded the title of Honorary Guide of Humanity to Novak Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

Unvaccinated to face special tax in Quebec, Canada

RAEL’S COMMENT:  &# …

コロナ混乱後の映画館&劇場の閉鎖に関して裁判所が判断を下す

ラエル氏のコメント: ようやく、いくつかの真の民主 …