2022年までに培養肉が米国の食料品店で販売されることに

ラエル氏のコメント:
味わうのが待ちきれません…。

近い将来、肉は農場や牧場で育てられるのではなく、ハイテク施設のペトリ皿の中で育てられるようになるかもしれません。

イスラエルのFuture Meat Technologies社は、世界初となる培養肉生産施設を建設し、生物反応器を使って細胞培養された食肉をアメリカのレストラン向けに生産する計画です。

米国の食品医薬品局(FDA)および農務省(USDA)と交渉中の同社は、2022年末までに試験管肉の米国への出荷を開始する予定だとBloombergは報じています。

セルラーミートと呼ばれるこの製品は、生きている動物の筋肉から幹細胞を取り出し、栄養豊富な液体の中で培養することにより作られます。

増殖した細胞の集団は、組織がナゲットやパテなどの希望の形になるのを助ける「足場」の周りで成長します。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

West’s selective treatment of Ukrainian refugees

RAEL’S COMMENT:  Th …

Tennis icon claims booing ‘fuels’ Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …