AIツールがコヴィドを広めそうな動物の上位を予測

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
ということは…彼らは動物にもロックダウンを課すのでしょうか? 野生の動物には難しいでしょうね…。

科学者たちは、AIツールを使って、どの動物が変異したCovid-19に感染し、拡散する可能性が高いかを特定しました。 このモデルでは、ペットと野生動物の両方が、ウイルスの保菌者となる可能性が高いことが強調されています。

ニューヨークにあるCary Institute of Ecosystem Studiesの研究者たちは、動物の生息地やさまざまな生物学的特徴に関する情報をもとに、機械学習ツールを開発し、コロナウイルスが最も付着しやすい特定のACE2タンパク質を持つ動物を割り出しました。

5,400種を調べ上げた結果から、科学者たちは540種の哺乳類に絞り込みました。

その予測の中には、例えば犬、猫、コウモリなど、以前から感染リスクが指摘されていたものもありますが、意外にも、豚などの農場動物や、動物園のエキゾチックな動物も加えられています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

Earth’s core cooling faster than expected

RAEL’S COMMENT:  So …

Maitreya Rael awarded the title of Honorary Guide of Humanity to Novak Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

Unvaccinated to face special tax in Quebec, Canada

RAEL’S COMMENT:  &# …

コロナ混乱後の映画館&劇場の閉鎖に関して裁判所が判断を下す

ラエル氏のコメント: ようやく、いくつかの真の民主 …