CDCが「誤解を招く恐れ」を理由にCovid-19データを非公開に

ラエル氏のコメント:
「セキュリティ戦略センターで上級アナリストを務めるマイケル・ウォーラー氏は、ツイートの中で次のように述べています。 『このように科学的データを政治的に操作することで、人々は “科学を信じない” ようになります。自分の方針に反対する人がいるかもしれないからといって、データを非公開にするのは非科学的です』」

ニューヨーク・タイムズ紙によれば、米国疾病対策予防センター(CDC)は、1年以上にわたって大量の「コビット19」データを非公開にしており、少なくともその理由の一つは、情報を正しく解釈する国民を信用していないためだとしています。

この政府機関が選択的な開示を行っていることついては、サンデー・タイムズ紙の記事によって明らかになりました。 公開されていないデータの中には、年齢、人種、ワクチン接種の有無ごとのCovid-19による入院の内訳が含まれています。 CDCはまた、18歳から49歳までの年齢層におけるブースター・ショットの有効性などの調査結果についても、情報を収集したにもかかわらず報告しないことにした、と記事は付け加えています。

アメリカのCovid-19対策を主導しているのはCDCですが、CDCは収集したデータの「ごく一部」しか公開していない、とタイムズ紙は伝えています。 アメリカのデータがもっと広く公開される代わりに、専門家は情報に基づいた勧告を行うための情報、例えばイスラエルのブースターショットの数字などを他の場所で探す必要がありました。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。