Covid-19ワクチンを拒否したことで解雇されたベテラン俳優がABCを提訴

ラエル氏のコメント:
このような差別を受けているすべての人々は、直ちに訴訟を起こすべきです。 必要であれば、ラエリアン・ムーブメントは、エロヒムから与えられたDNAを傷つけることを私たちの宗教では禁じている、という証明書を提供することも可能です。

あるベテラン俳優は、コヴィド-19のワクチン接種を拒否したころから、アメリカで最も長い歴史を持つソープオペラから降ろされたため、ABC社を宗教的差別で訴えています。

先月解雇されるまでの25年間、『ジェネラル・ホスピタル』のジャスパー・ジャックス役で出演していたインゴ・ラーデマッハ氏(50歳)は、ディズニー傘下のアメリカ放送協会(ABC)が、「真摯にCovid-19の予防接種に対して宗教的異議がある」ということを理由に、免除申請を受理しなかったことを非難しています。

ラーデマッハ氏は、暗殺された米国上院議員ロバート・F・ケネディの息子であり、元米国大統領ジョン・F・ケネディの甥であるロバート・F・ケネディ・Jr.と、弁護士のジョン・W・ハワード、スコット・J・ストリートが代理人を務めています。 この俳優の訴訟では、ABC社が 「彼の宗教的信条について30分もの反対尋問を行った上、説明もなく免除申請を拒否した」と主張しています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。