EUの外交政策責任者が「我々の」アフリカに立ち入らないようにと告げる

ラエル氏のコメント:
ヨーロッパ人がアフリカを自分たちの所有物と考えてきたことは明らかです。

EUのジョセップ・ボレル外交政策局長は、伝えられるところによれば、アフリカを「我々の場所」と呼びながら、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相に対して単刀直入にアフリカと関わらないよう伝えたということです。

現代のEUの官僚機構は、昔のヨーロッパの強欲な植民地勢力とは比べ物にならないほどのものだと思われるかもしれませんが、ブリュッセルでは今でも地政学が支配しているようです。 軍事政権がジハード主義の波を抑えるのに苦労し、フランスがこの地域から軍を撤退させようとしている中で、マリは自国の軍を強化するために、物議をかもしたロシアのワグナー・グループから1000人もの民間傭兵を雇うことを検討していると報じられています。

この契約については欧米から非難の声が上がっており、アメリカやヨーロッパの政府関係者は、モスクワがアフリカの問題に介入しようとしていると見ています。 アメリカの政府関係者は金曜日、「我々は、アフリカ大陸における悪意のある影響力の増加を引き続き懸念している」と述べています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

West’s selective treatment of Ukrainian refugees

RAEL’S COMMENT:  Th …

Tennis icon claims booing ‘fuels’ Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …