17. ワード・チャーチル

2005年2月10日、多くのアメリカ人が「無神経」または「非愛国的」とみなした反戦エッセイ「サティア」の発表により、名誉ガイドにノミネートされました。 チャーチル氏は、インドシナ戦争で殺された300万人や、アメリカのグレナダやパナマ侵攻で亡くなった人たちは、政府の非良心的な決定の犠牲者だと指摘しました。 さらに彼は、先住民族が未だに大量虐殺的な政策の対象になっていると述べています。 コロラド大学で教授を務めています。

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー