20. ミシェル・ウエルベック

2005年10月7日、以下の理由により名誉ガイドにノミネートされました。(1) ラエリアン・ムーブメントに触発され、宗教運動を描いた小説(英語タイトル名「The Possibility of an Island」)を書いたこと。(2) ラエリアン・ムーブメントについて公に議論する際の誠実さと模範的な正直さ。(3) ラエリアン主義に対する世界中のメディアの並々ならぬ関心を引き起こしたこと。 ウエルベック氏は、特にこの称号を与えられた最初の、そして(当時)唯一のフランス国民だったことから、自身が名誉ガイドの称号を与えられたことを誇りに思っていると話しています。

 

 

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー