22. ブライアン・ハウ

2006年1月14日に名誉ガイドにノミネートされました。 ブライアン・ハウ氏は、イラクの子供たちの窮状に光を当てるため、ロンドン議会の外で4年半を過ごしていました。 下院から半径1キロ以内での自発的な言論の自由を禁じる法律が成立した後、逮捕されたブライアン・ハウ氏は警察に対し、「私は平和を乱しているわけではない。平和のために戦っているんだ」と語っています。 彼の寝袋は、叫べばすぐに声が届きそうなほど首相の寝室のすぐ近くありましたが、法律が施行される前から彼はそこにいました。 高裁の判決により、彼には免除の裁定が下されました。 それでも警察の嫌がらせは続きましたが、ハウ氏は国会議事堂広場に戻り、平和のためのキャンプを張りました。 2001年6月以来、彼は同地で警戒を続けています。(その後、約10年間を経てこの抗議活動は終了しています)

彼の平和抗議の様子を捉えたビデオ

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー