24. アヤーン・ヒルシ・アリ

2006年2月6日、名誉ガイドにノミネートされました。 現在はオランダに住むこのフェミニスト、作家、政治家は、もともとソマリアで生まれましたが、22歳のときにお見合い結婚を逃れるために祖国を離れ、オランダに避難してきました。彼女はその後、選挙で選ばれた議員にまで登りつめました。 イスラム教徒の女性の自由を強く主張していた彼女は、イスラム過激派の標的となりました。 イスラム社会における女性の扱いに批判的な映画「スーミッション」(「サブミッション」)のテオ・ゴッホ監督は、2004年11月にこのようなグループによって殺害され、オランダ当局は脚本を書いたヒルシ・アリも危険にさらされていることを確認しています。

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー